仙台牛の特徴と歴史

仙台牛の特徴と歴史 仙台牛は品種が黒毛和牛であり、あらかじめ決められた飼育方法に基づいて適切に育てられたものという条件があります。
さらに通常のブランド牛は4等級以上ですが、仙台牛は5等級以上で歩留の度合いがB以上でなければなりません。
宮城県で出荷される食肉の数は1万5先頭ほどですが、仙台牛はそのうちの3割ほどしか占めていません。宮城県は米どころとしても有名で、その土地で育った牛もササニシキやひとめぼれといった稲わらを食べています。3年間大切に育てられ、生まれた時から自由な生活ができるので、肉質が安定して優れています。肉の脂肪分が非常に多く、赤身の間には霜降りが十分に備わっています。一頭の牛からは取れる枝肉もとても大きいです。
宮城県で食肉生産が始まったのは大正に入ってからで、昭和6年に宮城県種育場で品種改良のために兵庫県から種牛を仕入れました。40年後に品質の優れた血統の茂重波号という肉牛を仕入れたことで、仙台牛の基礎が成り立ちました。ブランドとして商標登録されたのは平成19年で、全国各地に知れ渡りました。
日本国内で人気が高いですが、最近では香港や中国にも輸出しており、海外からの評価も高い代表的なブランド牛です。

仙台牛のステーキを味わってみたい。

仙台牛は、宮崎県で大切に飼育された黒毛和牛なので、高品質で上質なのが特徴になっています。お肉が大好きな人は、仙台牛のステーキを味わってみたいという人が増えています。
仙台牛は、柔らかで深みのある味わいで、霜降りの部分は優しい甘みが特徴になっているため、とてもおいしいので幅広い年代の人に人気があります。宮崎県のお店では、本格的な鉄板を使用して丁寧に焼いたステーキを味わうことができます。清潔で落ち着いた雰囲気の店内になっているので、大切な人の誕生日や記念日などに食事をすると良いでしょう。
本格的な仙台牛を自宅でも味わってみたいとという人が増えています。インターネット通販のお店を利用すると、信頼できる農家が心を込めて育てた牛肉が販売されているので、購入してみると良いでしょう。大切な人のお中元やお歳暮、誕生日祝いなどに宮崎産のステーキを贈ってあげると喜んでもらえます。
現代は自宅でステーキを調理したいという人が増えているので、インターネット通販を利用して購入すると、全国に届けてもらえます。パンやお米とも相性が良いですし、高品質な飼料で育てられた牛肉なので、安全性が高いのが特徴です。野菜やにんにくを添えて食べるとおいしいです。

仙台牛に関するおすすめリンク

創業48年の老舗がA5ランクの仙台牛をはじめ、安全安心の牛肉を仙台から全国へお届けする通販サイト

仙台牛

『仙台牛 ステーキ』 最新ツイート